ロゴデザイン分野 国際TOPブランド大賞受賞

ロゴ製作無料イベント
  • ロゴ デザイン
  • ロゴ デザイン-02
  • ロゴ デザイン-03
  • ロゴ デザイン-04
  • ロゴデザイン-05
  • ロゴ デザイン-06
  • ロゴ デザイン-07
  • ロゴ デザイン-08
  • ロゴ デザイン-09
  • ロゴ デザイン-10
  • ロゴ デザイン-11
  • ロゴ デザイン-12
  • ロゴ デザイン-13

ロゴとは?

What is a logo?

お客様後記
CNT Electronicsです。ロゴ作成を依頼しました。
ロゴマーク作成をしてお店のイメージがまとまりました
ショップロゴ作成
ロゴ作成ありがとうございました
ロゴ作成が思ったよりスムーズだった
ロゴ作成をしたイタリアンレストランsognareです
  • キャラクター作品集 キャラクター作品集
  • 無料著作権譲渡
    他社では1万円ほどする著作権譲渡証明書をベストロゴでは
    ロゴを購入されたお客様に無料でお送りいたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
  • 無料
    データCD制作発送
    ベストロゴではロゴを購入されたお客様に
    原本ファイルをCDデータにして発送いたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
  • 無料 名刺デザイン
    印刷 発送
    名刺・封筒・社名プレートのデザインと印刷を無料でサービスいたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
    注:プランにより内容が異なります。
paypal

良いロゴづくり

ホーム > ロゴとは? > 良いロゴづくり
良いロゴを作る方法!
良いロゴ作り その1– 依頼先の選定
良いロゴを作るには、まずデザイン会社の選定です。
デザイン会社の中にもロゴ専門会社と、フリーランサーの仲介をする会社の2種類がありますが、
ここではロゴ専門会社をおススメいたします。
ロゴ専門会社 (推薦)
ロゴ試案の差 :
-ロゴ専門会社はロゴデザインを専門としている会社で、社内に数名のデザイナーがおり、ロゴ制作時にはチームで会議を重ね、デザインを提供します。
トラブルが発生した時 :
万が一、著作権の問題などデザインに関するトラブルが発生した際、ロゴ専門会社であれば会社が責任を持って対応いたします。
フリーランサーを仲介する会社(非推薦)
ロゴ試案の差 :
チーム作業ではなく一人でデザインするため、一人のデザイナーが作った試案だけを受け取ることとなり、デザインに限りがあります。
トラブルが発生した時 :
フリーランサーを仲介する会社では、トラブルが起きても. 責任を回避し、個人のフリーランサーが一人で対応することになります。
良いロゴ作り その2 – ロゴ試案の受け取り方
ロゴ試案は一度にたくさんの試案を受け取るより、何度かに分けて試案を受け取り.ロゴ制作会社とコミュニケーションをすることが
良いロゴを作る方法です。最初に受け取った試案を見てから新しいアイディアが浮かんだり、考えていたロゴと違っていたりすることがあります。
このような時にロゴ制作会社とお客様が再度コミュニケーションをして、もっと深く意図を把握し、2次、3次のデザインを受け取った方が満足度の高いロゴができるのです。
ロゴデザインの重要性
ロゴを作ることは一人の人のように個性ある固体を作ることと同じです。
ロゴデザインはブランドの顔であり、アイデンティティとして活用することのできる最初のソースです。
このとき、活用範囲が狭いとアイデンティティの力が弱くなります。
その色を見ただけでも、そのブランドや商品が連想ができるデザインが、ロゴの活用をしっかりできたという実例と言えるでしょう
良いロゴ作り その3 – どんな形のデザインを好むか?
ロゴデザインのタイプは大きく5種類に分類できます。
1)シンボルタイプロゴ:企業を代表するシンボルイメージとワードマークが組み合わさったロゴデザイン
2)ワードタイプロゴ:社名自体がシンボルになるロゴデザイン
3)マーク/エンブレムタイプロゴ:図形の中に社名とシンボルが一緒に入っているロゴデザイン
4)カリグラフィー(筆文字)タイプロゴ:カリグラフィー(筆文字)作家のこの世に1つしかない個性ある書体で作られたロゴデザイン
5)イラストタイプロゴ:望んだテーマをイラスト作家の感性で描いたり、手描き風に表現したロゴデザイン
良いロゴ作り その4 –ロゴにとって意味のある色とは何か?
ロゴデザインにおける色はとても重要な部分です。
それは、私たちが色に様々なイメージを持っているからと言うこともありますが、特定の要素が色から連想されることもあるからです。
業種に関連される色や、個人的に大きな意味を持っている色があるとすればデザイナーへ必ず伝えますよね?
例えば、ブルー系の色が良いと伝えたなら、デザイナーは数多いブルー系の色の中からデザインと業種に一番合う色味を探し出して提案をします。
良いロゴ作り その5 – ロゴのキーワードとは何か?
ロゴ制作をする時、このキーワードはとても重要な役割を果たします。
企業の哲学や理念、具体的な事業内容、企業の目指そうとする方向などのキーワードがデザインの核心となるからです。
ロゴデザインをする過程で一番難しい部分でもありますが、このキーワードがロゴにちゃんと溶け出した時、お客様にとっても、制作したデザイナーにとっても深い意味のあるロゴとなります。
私たちベストロゴではお客様が満足できるデザインを生み出すため常に努力をしております。
一つのプロジェクトが始まったら全スタッフが集まり、会議をして様々なアイディアを提案し、その中の一番良いアイディアでロゴ制作をいたします。