ロゴデザイン分野 国際TOPブランド大賞受賞

ロゴ作成・ロゴデザイン専門会社BEST LOGO


ロゴ製作無料イベント
  • ロゴ デザイン
  • ロゴ デザイン-02
  • ロゴ デザイン-03
  • ロゴ デザイン-04
  • ロゴデザイン-05
  • ロゴ デザイン-06
  • ロゴ デザイン-07
  • ロゴ デザイン-08
  • ロゴ デザイン-09
  • ロゴ デザイン-10
  • ロゴ デザイン-11
  • ロゴ デザイン-12
  • ロゴ デザイン-13

ロゴとは?

What is a logo?

お客様後記
CNT Electronicsです。ロゴ作成を依頼しました。
ロゴマーク作成をしてお店のイメージがまとまりました
ショップロゴ作成
ロゴ作成ありがとうございました
ロゴ作成が思ったよりスムーズだった
ロゴ作成をしたイタリアンレストランsognareです
  • キャラクター作品集 キャラクター作品集
  • 無料著作権譲渡
    他社では1万円ほどする著作権譲渡証明書をベストロゴでは
    ロゴを購入されたお客様に無料でお送りいたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
  • 無料
    データCD制作発送
    ベストロゴではロゴを購入されたお客様に
    原本ファイルをCDデータにして発送いたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
  • 無料 名刺デザイン
    印刷 発送
    名刺・封筒・社名プレートのデザインと印刷を無料でサービスいたします。
    ご希望のお客様はお申し付けください。
    注:プランにより内容が異なります。
paypal

ロゴの知識コーポレイト・アイデンティティ&ブランド・アイデンティティ

ホーム > ロゴとは? > ロゴの知識
ブランド・アイデンティティとは何か?
ブランド・アイデンティティは戦略家がブランドイメージの維持のために作り上げたブランドと関連する独自の連想のことを言う。
このような連想はブランドが象徴するものを表し、作り手から顧客に対する約も含んでいる。
ちなみに一言にブランドと言っても色々な見解があるが、ここでのはブランド名を指す言語的な部分と、マークやロゴなどの視覚的な部分で探ってみることにする。
アイデンティティと言う単語は存在の本質を意味する抽象的な概念で使われるが、一般的にブランドアイデンティティと言うと、視覚的な部分を称したものと解釈されている。
しかし、厳密に言えば、ブランドアイデンティティはブランドの言語的部分(Verbal Identity、名前)と視覚的部分(Visual Identity、マークやロゴ)を一つに併せた概念であり、
この二つのアイデンティティ要素が合わさって一つのブランドが成り立っている。もっと細かく言うと、視覚的アイデンティティを“アイデンティティデザイン”と表現することもある。
CI&BIの概念
CI(Corporate Identity)
CIとは”Corporate Identity” の略で企業や公共団体が持っているイメージを視覚的にシステム化したもので、企業の実態を確実に認識させ、秩序がありシステム的な管理による合理的企業経営をする為である。

BI(Brand Identity)
BIとは”Brand Identity”の略でブランドが長く良いイメージを持たれるように、ロゴ、色味、パッケージなどのイメージを統一し、
一貫性が出るように表現、管理することを目的としている。企業の哲学や未来のビジョンを適切に調整、統合し、その企業の本質を一貫性のあるイメージで表現し続けることで< 企業のイメージを将来にわたってもシステム的に構築、管理できるのだ。
Brand Identity(企業が表現したいこと)とBrand Image(顧客が感じること)のギャップが次第に減り、共通する部分が増えて行くほど効果的ななコミュニケーションがなされており、さらにBrand RealityとBrand Identity、Brand Imageなど 3つの共有空間が広くなるほど理想的なBrand Communicationとなる。
しかしこれは理想的な概念であり通常はBrand IdentityとBrand Imageのギャップを減らす為に、共有空間を広げるのがブランドコミュニケーションの目的とされる。
Way does it work?
ブランドアイデンティティを繰り返し露出していくことは、シンボルマークを自然に認知させる効果があり、後にそのシンボルマークを説明するロゴが無くてもこのマークがどんなブランドを示しているのかが簡単に認識されるようになる。
ブランドアイデンティティはそのブランドが持っている”意味”を視覚的な形式に転換し伝えることで、結果的に人々の認識をコントロールしようとするものだ。
The sequence of Cognition(人の視覚認識構造)
人の頭脳に物事を認識するときまず形、そして色、最後に認識する。
ロゴがいつ必要になるのか
なぜロゴ制作に投資するのか?
ロゴ制作はブランドアイデンティティを視覚表現するため行う、とても労力のいる作業だが、ロゴは後世に渡っても企業の文化や組織の特徴のような精神的な領域にまで影響を与える。
その一方で、よく作られたロゴは企業の意図するイメージを顧客に伝え、企業とブランドの資産価値を増進させる役割をも果たすのだ。
俗にシンボルマークやブランドマークと呼ぶロゴは、アイデンティティ開発作業の一番重要な部分だ。
顧客はロゴを見てそのブランドを認識し、そこから生まれる親近感と信頼度が購買決定を促進する重要な役割となるのだ。
Customer-based Brand Equity 構築のためのBrand要素の選択と戦術
Name(ブランドネーム)
ブランド連想の核心要素
簡潔でありながら経済的な方式である製品の重要な内容を理解させてくれる効果的で早い方法
Logo&Symbol(ロゴとシンボル)
ブランドのネームや製品と、商品者の頭にあるイメージを繋ぐ役割を果たす。
-ロゴ:その昔、国家や名家は名前や、歴史的起源、権利などを表す為にロゴを使用した。
Character(キャラクター)
消費者とブランドの間を動物の擬人化や漫画キャラクターを使用して親しみやすくしたもの。キャラクターは必ずブランドの特徴、特性が含まれていなければならない。
利点;キャラクターは華やかなイメージが抱負なため、視線を集中させる傾向がありbrand awarenessを作り出すのにとても有効であり、重要な製品の長所を伝えるの役目を果たす。
一般的に直接的な製品の意味を持っていないため製品そのもののイメージを超えることもある。
Packaging(パッケージ)
製品を入れる容器や、それをデザインし創り出すこと。
{目的}
①ブランドの確認
②叙述的、説得的に情報を伝達
③製品輸送や保護の容易
④家庭での保存
⑤製品消費サポート
Slogan(スローガン)
ブランドに関する説明と説得力ある情報を伝達する短い文句。
広告メッセージとは違う企業の哲学、顧客に対するbenefitなどを込めた商学的な意味を伝達。
広告がブランド資産の構築に重要な役割りをする反面、スローガンは差別化をもたらす重要な手段だ。
アディダス“Impossible in nothing”/タワーレコード“NO MUSHIC,NO LIFE”/コカコーラ“Taste the Feeling
Jingles(ジングル)
ブランドに関連して使用される音楽的メッセージ
覚えやすいジングルの特性により消費者はCMを見た後にジングルを頭でくり返してしまう。
URL(Uniform Resource Locators)
ウェブ上でホームページの場所を指定するのに使用するもので、ドメインネームとも呼ばれる。
-ブランドのためのホームページを開設時に必要
-ドメインネーム上の非承認使用からブランドを保護
Color(カラー)
ブランドを表す固有色
ブランドの固有色を広めることで、購買者へより確実なメッセージを伝達できる色彩イメージ戦略で、
世界的なブランドは商品の容器や包装紙に固有色を使用し、消費者へこのブランドの商品を所有しているという自負心を持たせる。
ex)ティファニー(Tiffany)の水色、シャネル(CHANEL)の黒とゴールド、カルティエ(Cartier)の赤